new
{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/5

動くダンボールアート 「テンポ」

¥35,200 税込

送料についてはこちら

┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈ 千光士義和先生の新作動くダンボールアート 「テンポ」です。 【↓動画はこちらから↓】 https://youtu.be/YZDtMRfkFQ8 ダンボールの美しさに魅了され、ついにはダンボール作家になった「千光士義和先生」の作品です。 今年創作活動35年をむかえられました。 動くダンボールアートは子どもから大人まで楽しめるのが特徴です。 どの部屋に飾ってもしっかりとマッチしてくれます。 額縁の中は全てダンボールを使用して製作。 歯車や細かい部品にいたるまでダンボールでできています。 紙であるダンボールを使用しながら金属のような風合いを表現されており、とっても不思議な感覚です。 ロボットが主人公になっており近未来を表現していますが、なぜか懐かしさを覚え、ノスタルジックな作品となっております。 ┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈ フレームサイズ:幅: 350 高さ: 450 奥行:50 (mm) 駆動:AC100V(コンセントが必要) 材質:制作品 : ダンボール フレーム:木製額縁・ガラス 発送:受注生産になります。(約1ヶ月以内) Designer / 千光士義和先生 ┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈ こちらの作品は壁掛けアートですが動くのが千光士アートの特徴です。 電力はAC100V。コンセントにさして飾ります。 中央下のローラーが回転し、中央の大きな歯車を回します。 大きな歯車はステップ秒針のようにカチカチと動いていきます。 歯車に空いている小さな穴はカラフルに、不定期に色が変わります。 上部にあるストッパー(赤い板)が一定のリズムで歯車にあたり、ポコポコと音が出ます。 (千光士義和先生からのコメント) 「ピン歯車をモーターで回転させて、サークルアート歯車を間欠運動(動く・止まるの繰り返し運動)で動かす作品です。 サークルアート歯車の丸い窓(穴)から見える青いドットの動きを楽しんで下さい。 まるでビリヤードの球が弾かれた様な動きをします。 青いドットは右から左に、時には左から右に転がっていきます。 その動きは規則性がなく、見ていて飽きない作品です。 歯車を止めるためのストッパー機構が上部に有り、心地良い音を奏でます。 からくりの楽しさも味わって下さい。」 千光士義和先生の数ある作品の中でも、色が変わる仕掛けがある作品は珍しいです。 ※上部にストッパー機構が有ります。壁に掛ける前に軽く左右に揺すって、ストッパーが歯車にかかった状態で壁にかけ、電源を入れて下さい。 ※こちらの商品は大量生産ではなく一つ一つ作家先生に製作して頂いておりますので、 デザインが若干異なる場合がございます。 世界に一つしかないアート作品としてお楽しみください。

セール中のアイテム